上司・リーダーに必要な技術

新しい生活様式の中で、私たちが気づかされたことの一つは、実は普段からコミュニケーションが十分でなかったのでは?という素朴な疑問。普段からのコミュニケーション技術は、上司やリーダーにとっては不可欠なはず。これまでの研修やセミナーが個人の経験をベースした、経験値を伝えるものが多い中、マインドワーク®では、臨床心理士監修のトレーニングで、リーダーや上司のコミュニケーション向上を支援してきます。

チームのマインド問題の解決には、基盤となる信頼関係がカギ

リーダー視点で考えるマインド問題

心理学とチームパフォーマンス

いいとこ取り 基礎トレ

チームで使える基礎心理技術

もともと臨床心理や心理学では、コミュニケーションについて長年の知見が溜め込まれています。コーチングやカウンセリングという専門家を介して、企業や組織の中にも、普及してきています。ただ、使いこなせるようになるには、長年の鍛錬が必要であり、実際にビジネスパーソンが使いこなせるようになるには、ハードルが高かったのです。

今回マインドワーク®では、ともかくシンプルに短時間で最低限の知識を身につけ、仕事の現場で、家庭で、プライベートで使えこなせることを目指しました。いわば、実際に使える「基礎心理技術」です。

次の世代の子ども達が、常識として基礎心理技術を持っている世界を作る。これがマインドワーク®の願いです。

マインドワーク®ってなに?

コンサルタントと心理技術

私たちは、ビジネスを進めて行く上で、仕事の現場では感情を排除し、ロジカルに考えることを常識としてきました。しかしながら、人間は、チームで働く際に、ロジカルと感情を切り放して扱えるモノでしょうか。

マインドワーク®でお伝えしている感情を受け取り、伝えるための技術は、リーダーばかりではなく、経営者の皆さまと直接現場でコミュニケーションを取るコンサルタントの皆さまにもぜひ、持っていただきたいと考えました。

経営者自身が、雇用者と被雇用者という関係を会社の中で維持することをしいられるため、感情的な表現が出来ず、感情面での課題に頭の中が一杯になっている。これを助け、会社のパフォーマンスを上げるのがコンサルタントだと考えたのです。